読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ子とハナ子

2016年8月にウエールズに引っ越し。新しい生活の始まり。色々なことがありすぎてなのか記憶力が落ちてきているのか、朝になるとすっかりリセット。いいのかなぁ、、、 ボケ防止のためのいろいろ覚書。

disgusting!! って言う?

冬休み到来

長いぞー   2週間。

ありがたいことに昨日今日と近くの子が朝から昼過ぎまで遊びに来てくれた。

明日は私が仕事なので預かってくれる。 助け合い?だ。

助かった。

昨日、朝、ドアを開けると手ぶらの親子。 あぁ、、、助け合い。

チーズサンドイッチがいいということで昼を準備した。 ぐちゃぐちゃにした挙句ほとんど残しやがった。寒いから暖かいものをと思って、ポテトスープを作った。

これは定評がある。何も考えずに出してあげた。ただ好き嫌いがあるから、味見程度に。 そしたら、「this is disgusting! yuk!」と連発した。

 

はぁーーー? そこまで言うか? 腹が立つ前に、なぜこの子はそこまで言ったのか、考えてしまった。言い訳探し。

彼女はこんなことをいう子ではないと思ってたし、今でも思うんだなぁ。。。

ただ、この子の母親思いは鋭いものがある。 一生懸命働いてるお母さんが痛いほどに大好きなんだ。以前パブで飲んでるときにそう感じた一幕があった。

マクドナルドが何かにつけてのご褒美らしい。

色々な知りえるピースを集めて、私が考えたこと。

本とはおいしかった、というかそこまで言うほどまずくはなかった。

けれど、お母さんがしないことを私がしたのが嫌だった?? 

ただ単に本当に口に合わなかったと考えようとしても、ほとんど口には入れず、なめるにしてもほんとに一瞬でほとんど味なんてわかってないんじゃないか? というシーンだったから。何か言い訳が欲しくなる。

 

それにしても、長く時間をともにすると色々なものが見えてくる。

今日はなるべく見ないように、関わらないように。子どもには子どもの解決策がある。

助けがあれば仲介する程度。でも、これはなかなか有効だった。ちょっとしたガス抜きが必要なときもあるようだ。

 

それにしても、今日はジャックポテト。またしてもぐちゃぐちゃにしておいて、ほとんど食べてなかった。体調が悪くて食べれないのは仕方ない、口に合わずに食べたくないのも仕方がない。 ただ、ぐちゃぐちゃにすることはないだろうぉー

もったいないなー