読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ子とハナ子

2016年8月にウエールズに引っ越し。新しい生活の始まり。色々なことがありすぎてなのか記憶力が落ちてきているのか、朝になるとすっかりリセット。いいのかなぁ、、、 ボケ防止のためのいろいろ覚書。

今日の英語 It's toasty!!

春が来たとはいえまだ朝夕は冷え込む。

ボイラーもしっかりきいている。

とりわけ朝は夜通しボイラーが聞いているので半袖でも十分なくらい

部屋が暖かくなる(仕事場の話。家ではしっかりボイラーはオフ。)

 

そんな時、朝の着替えなどをするときの会話に出てくるのが

「It's toasy」 「 I'm toasy」 はじめは聞き取れなかったけれど

どうやら トースティって言っている。焼きたてのトーストがふと脳裏に浮かんで聞いてみると Warm ということだった。

二人の会話を見聞きしてると、トーストされるみたいにちょっと暑すぎる、不快な暑さを表現してるのかと思いきや、

調べてみると Nice and toastyとよく使うみたいで 心地よい暖かさを表現するときに使うようだ。

そういわれてみると、レジデントは寒がりのおばーちゃんだったからケアラーがボイラーが利きすぎて暑いというのに対して Toasty と言い返したのだと後で気づいた。

 

 

Vitamixがやってくる! いよいよ我が家にやって来る~ 

実は、VitamixS30を買うことに決めた。

ジョンルイスで何台かのVitamixが展示してあるので先々週の日曜日に見に行った。

 

S30と300を比べると明らかにブレイドの大きさが違う。

これじゃあ口コミにあるように滑らかさや時間に差がでるのは明らかだ。

 

でもS30と他社のブレイドを比べると、見た目の限りで言うと、S30が圧倒的にシャープだししっかりしている。

 

3人家族だし、そもそもスープなんかもほとんどしない。お味噌汁が中心だし。

だから、スムージー・アイスクリーム・ミル機能が使えたら充分。

 

Vitamixはイギリスではめったにセールを見ない。

だから分割支払いができるVitamixイギリス支店から購入することにした。

 

8-10日と言われていたけれど、日曜の夜にオンラインで購入して木曜日には届いた。

??そう、一度は購入して目の前にしたのだ。

ただ、品質管理というシールが割かれてその上からもう一度テープが止めてあるのに気づいて手が止まった。

 

あぁーーーーまただぁ。。。。

Silitの圧力鍋を思い出す。。。。あの時は結局3回くらい返品するはめになった。

一度目は鍋が欠けていて。2度、3度目は圧力調整のダイアルが故障してた。。。。

 

空けてみて、仮に動いたとしても、その時点でそれっきり。故障したときにシールが破れていたと言っても通じない。

勇気をだして電話するとアメリカなまりの英語がかえってきた。

なんと気持ちのいい対応だろう。

ここには本当のプロ精神を感じる。 イギリスだとこうはいかない。行かないことのほうが多い。

ま、何はともあれ、交換を快く対案してもらいこの水曜日に引き取りに来てもらい、その後きっと新たなVitamixがやってくる予定だ。

 

楽しみやなぁー

1日断食前後のドカ食い、そして後悔、、、の繰り返し。。。。

確かに少食、空腹時間を持てば持つほど体が軽いし気分が高揚する。

ただ、仕事が休みで家にいるときにはついつい欲望に負けて食べてしまう。

そんなことを繰り返してる。

 

というのも、断食に伴う便秘からくる不快感がとてつもない。

宿便が出ることが楽しみだったのに、なかなかでない。

きっとやり方が悪いんだろう、、、、と片隅で考えてはいるものの、

なんとなく水分補給をしてなんとなく生野菜を食べて、、、、

 

で、やっぱりしっかり食べた後には便意をもよおされる。

 

そんなわけでいつの間にか腹10分目までしっかり食べる生活に舞い戻ってしまった。。。。。

 

週に1回から2回は18時間以上から26時間の断食をできるものの、

この前後が悪いんだろうな。。。。

このうしろめたさや自責の念、、、、いやだいやだ。

 

さ、また始めよ!!

 

3月1日はSt. David's Day

ウエールズにやってきて初めてのSt.David's Day.

Life in the UKのテキストにたいてい載ってたけど、あっという間に頭から抜けて、

イギリスの学校では何か行事してたかな、、、ってくらい。

なので前日になるまで実感が全くなかったけれど、学校から服装の案内がきて慌てる始末。

昨日学校の帰りにチャリティーショップへまっしぐら。

ウエールズ式の服装か、クラスのカラーを何か着ないといけないらしい。

一件目のショップで幸運にも女の子ようのWelsh服を発見。サイズも丁度いい!!

しかも店のおばあちゃんの親切なこ!!

帽子の形の云われや、ウエールズ語の講義までいただいた。

 

すこし丈をなおしたりして、今日は張り切って学校へ!!

 

どんな一日だったんだろうなぁー

甘酒の味は???

味噌作りのときに少しだけ麹を残しておいて正月に失敗した甘酒作りに挑戦!

今回は温度を上げ過ぎないように。。。といっても測りがないので具体的に何度かは分からない。

50度から60度といったら熱いお風呂よりも少し熱いくらいかなと考えて手を入れたらやけどしないけれど、さっと手を払いのけたくなるような熱さかしら、、、そんなあいまいな方法で試してみた。 

f:id:kumakosairai:20170225233953j:plain 

今回はごく少量だったので圧力鍋でおかゆを作ってそのままそこへ麹を放り込み直火でなくて24㎝の無水鍋に湯せんをして保温した。微調整は火を消したりつけたりだったけれど、なんとかいい具合に。。。

          

f:id:kumakosairai:20170225234256j:plain仕上げにしょうがとすっていれた。少し熱めにしていただくと甘味がよく引き立ちハナ子も美味しいと完食。

次の日は少し味が落ちたというか平らになったのでしょうがとはちみつを足していただきました。 少食中の朝か昼にいいかもしれない^^

 

少食・朝抜きは引き続き続行中!!

イギリスの伝統的なプディングらしいけど、、、思わず赤面

今日は早出勤務。比較的穏やかに時間が過ぎたけれど、

朝・昼食時ころはやはりバタバタしてしまう。

 

好き嫌いがはっきりしてる人もいて私はこうだ、私はあーだと注文がある。

ま、慣れて来たけれど。。残さず美味しそうに食べてくれる人がいると心が救われる。

 

昼がメインなので食後のデザートもケーキ等といったちょっと私的にはヘビーなものが多いけれど、糖尿の人もいるので砂糖控えめでおいしい。

 

「今日のデザートは何?」と聞かれて「今日はSpotted Dick with Custardです」と答えるものの、耳が遠いのと私の発音が悪いのも手伝って何度も聞き返される。

知らず知らずだんだんと声が大きくなり「Spotted Dick」「Spotted Dick!」と繰り返している間にはたと周りの視線を感じた。

調理場の若い男の子が笑ってるのをみてあれぇーーーーまぁーーー

そういえば「Dick」って男性の何のことをいうスラングだ。 しっかり調べたことはないけれど、何とはなしに頭のどこかに記憶されていた。

私は大声で「○んこ」「○んこ!」って叫んでた。

久しぶりの赤面だ。。。。。

家で調べると Spotted Dickってイギリスの伝統的なプディングらしい。。。

 

そしたらなんでまたDickがそんなことを現すスラングになったのかを調べてみると

Richardの愛称から始まり、Richardが男性を示すようになり(日本で言うと{太郎}みたいなものらしい。。)、愛称であるDickがそうなったようだ。

 

Spotted とDickが一体どんなDick何だろう、、、と脳裏から離れない。。。

 

 

Record keeping

今日は記録についてのトレーニング。

記録のいろかと思いきや、記録にまつわる法律・条令を中心にどう記録を効果的に書き、保存し、そのごいつどのように破棄するのか。

公開開示などについての講習。

分かったような分からないような、、、、

私の英語はほんとダメダメだ。。。

これは聞き流す癖

勝手に想像する癖

分かったふりはしてないけれど、もっとも初歩的にいつどう分からないことを聞きなおしていいのかタイミングを逃してしまってる。そもそもそのせいで聞き流したり勝手に想像して辻褄を合わせてしまってるのだ。

だから語彙が広がらない。

 

これはいけない。 誰かがSpeak outが必要と言ってたけれど、まず質問から始めるべし。。。

もっと使いこなしたいって久しぶりに思った。

悔しい!!