読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クマ子とハナ子

2016年8月にウエールズに引っ越し。新しい生活の始まり。色々なことがありすぎてなのか記憶力が落ちてきているのか、朝になるとすっかりリセット。いいのかなぁ、、、 ボケ防止のためのいろいろ覚書。

今日の英語 catch you up later

See you laterと同じように使える Catch you up later.

もう少しくだけた感じで使えるのかな。。。

それとも確実性が高いかな。

 

Catch you up を 使うと、具体的に近いうちに合うことが想定される。意志が含まれているような感じがする。

 

さて、どうでしょう、、、特に調べもせず。

気軽に使えるのでま、いいか。

 

 

青春を感じたあの日々、祝30周年 わが青春、エレファントカシマシ!!

妹からのライン。

9年ぶりにエレカシのライブ行ってきた、、、、

 

9年❓?!!

はぁーーーーーと深いため息をつくしかできない。

 

あの青春の日々。

来る日も来る日もエレカシの唄を聞いていた。

雨の日も、仕事帰りも、仕事に行くときも、、、、

20代後半で大阪万博で初めて目の当たりにしてから30の半ばまで。

あの衝撃は忘れられない。

白いシャツと黒のズボン。そしてまた、黒髪があっている。

 

それまでどちらかというと洋楽が多かったのに、それから一機に変わった。

そして何がうれしかったか。。。

看護学校時代にちらりと実は彼らのことを目にしたことがあった。

「戦う男」

クラスでお気に入りのバンドなどを持つことが流行ってたようで、誰かが雑誌を持ってきてたんだろう。

でも、私は回り道をしてたのもあって遊びは大学時代で終わりと決めていた。

でも脳裏にくっきり残っていた。彼らのことが。

 

それが、働き始めて初めての夏。初めてのフェスティバル。

そこへ登場したのが彼らだった。

 

それから妹とライブ巡りが始まった。

ライブ後彼らが出てくるのを待って、車を追っかけた。 初めて追っかけたとき

「わたしってまだまだ走れる!!」っていう不思議な喜びだった。

それからというもの、体力チェックも含んだ追っかけが始まった。

 

なんとなく、そろそろ一度ガチで追っかけようということになり、30半ばころ

大阪をはじめ、名古屋、東京、香川とできる限りのライブをはしごした。

 

なんとなく、予感してたんだろう。もうこんなことができる日も残り少ないと。

妹は一足早く結婚。

そして私も渡英して結婚。

 

懐かしい歌を聴くと切なく悲しくなるので少し距離を置いていたけれど、

新曲をふと耳にしたとき、うれしかった。

「桜が舞い上がる道」だったか? 

 

それからもう8年9年が経つのかぁ、、、

参ったな。

私は何か道を作ってきたのだろうか???

 

ライブ、行きたいなぁーーー

 

 

 

残業問題に引き続き、 有給休暇について

ヤフーの意識調査にて

有給休暇、どれくらい取得できている?

アフロ

アフロ

厚生労働省の調査によると、平成27年の年次有給休暇の平均取得日数は8.8日、取得率は48.7%だそうです。年次有給休暇、あなたは何%取得できていますか?

 

だそうだ。

取得率がほぼ50%ということは、有給休暇は平均18日前後というところでしょうか。

私は日本でも勤めていたけれど、もう覚えてはいない。

きっと有給を取ったこともかなり少ないのだと思う。

 

ところが、ここはイギリス。

以前のところも完全消化をせがまれて取りたくもない有給を取らされた記憶がある。

 

今回も、12月初めからの務めで2月後半(誕生月から数えるらしい、私は3月生まれなので2月一杯まで計算してもらった)までに9日間。とても消化できそうにないので、同僚に持ち越しできるのか、その時に換金してもらえるのか、、と問うたけれど、

答えはどれも同じ「有給を残したことがないから分からない、、、」だって。

はぁーー へぇーーー

それじゃあ、私も右にならえで2月後半まで有給を使い切った。

そして、3月から1年間与えられた有給は25日とプラス8日間の合計33日。

プラス8日というのは、フルタイムで働いている場合、クリスマスとかバンクホリディなどのナショナルホリディをまるごとカウントしたもの。働く時間で有給もこのプラスの部分も違ってくる。

 

介護の現場、そうそう休まれたら困るだろうが、それに備えて派遣会社連携して補充しているらしい。理由は様々にしても、派遣での雇用形態を望む人にとっても仕事が安定している。

どんな仕事でも息抜き、ガス抜きが必要だ。

自己犠牲的に働いても、ここではだれも評価しない。

自分がいなくてもなんとかなる。その代り、誰かがいなければカバーしあう。そんな仕組みでみんなそれぞれの事情を抱えながら働いている。

自分ありき、自分の守るものありきが前提の仕事。

そうすると、人が有給を取ってもねたみあうこともないだろう。

 

 

 

超重宝する無水鍋 24㎝

 

アルミは体に悪いっていう情報が頭の片隅にあったので

度々目にしてたこの無水鍋も素通りしていた。

 

でも本社のホームページを見たり、色々な経済の仕組みを知ったときに、

この世に流れてる情報は実際のところはどうなのか、、っていう疑問を持つようになる。

この情報が流れて得をする人、損をする人、損をしたら誰が喜ぶ?

鯨肉が禁止されてから日本はどう変わった? 

麻の生産が禁止されて日本はどう変わった? だれがどうなった??

日本はよくなったか???

 

ま、そんなことはさておき、この無水鍋、無敵鍋とも言おうか、

とにかく便利。

f:id:kumakosairai:20170225233953j:plain

こんな感じで前回甘酒づくり。保温がしやすかった。

 

無敵鍋、本体だけでなく、蓋も使えるのがさらにいい。

ピザもお手の物

これを見て!!

オーブンで焼くより早く焼けるしクリスピー。 生地にひよこ豆を混ぜたので重くなるかと思ったけれど、いい具合だった。

蓋に生地を焼き、本体をかぶせて数分で出来上がり。

 

 

 

もちろんひよこ豆はVitamix!!

 

 

 

愛おしいと感じる時、

仕事だった週末、

ハナ子が次の週のシフトを聞いてきた。

W1-5までのシフトが割り当てられていて、早出遅出だけどなかなか覚えられない。

学校の休みや行事なんかがあるから夏休みまでのシフトをカレンダーに書き込んでいる。

 

どうだったかなぁ、、、カレンダー見ないと分からんなぁ、、と言った私に、

「お母さん、月曜日は朝の日やで」とハナ子が言った。

そうかぁ、、、でも今回は有給取ってるからやすみやで。というと、

「ほな一杯遊べるなぁ」とうれしそうな顔を見せながら朝ごはんを食べた。

 

行って来ますを行って車に乗ると、ハナ子が表に面してる部屋のカーテンから顔をのぞかせていた。

だいぶ朝も明るくなってきたから気が付けたけれど、もしかしたらこうして時々顔をのぞかせて母親の仕事を見送っているのかと思うと胸がキュンとした。

そして、どんな気持ちでカレンダーを見ているんだろうと考えると愛おしくてたまらなくなった。

 

ごめんね、もっとハナ子との時間を大切にするね。

 

今日月曜日、行ってらっしゃいと見送った。

 

Vitamix S30 ついに我が家にやってきた!! その2

早速作ってみたのが アイスクリーム・

 

この日のために凍らせておいたバナナをメインにフローズンストロベリー、

ココア少々、豆乳。

レシピを見ずに適当なところはなかなか直らない。

案の定、豆乳を入れ過ぎたようでスムージーに。

 

f:id:kumakosairai:20170320191156j:plain

でも娘は大喜び!!

 

それぞれを単品で食べるのと、こうやって混ぜて食べるのとでは全然違うのが面白い。

忘れてたけど、ここに少しの玄米を入れておいた。これが少しナッティのテイストを加味して絶妙においしかった。

 

ありがとう Vitamix!!

 

出来上がりは抜群だけど、やはり容量が小さいのがあって、ミックスするのには多少てまどった。

Try and Errors でやりやすさを手探りしていくしかないか、、、(レシピ通りにやれば問題ないのになぁーーこれができないのはなへ??)

Vitamix S30 ついに我が家にやってきた!! その1

2月の後半に思い切ってVitamix支店から購入。

5回の無利子分割。

分割払いはあまりすきではないけれど、月々に使えるお金に制限があるのでこれなら大きな節約をせずになんとかやってけそう。

 

8-10日かかると書いてあったけれど、すぐに発送の手配の連絡が、そして1週間もせずにやってきた。

 

箱を開けると、本体の箱に「Quality check」のまあるいシールが、でもこれ箱が一度開けられているようす。破れたそのシールの上からさらに幅広のセロハンテープが止めてある。

 

「うーーーん」、、、気持ち悪い。

品質管理された後でだれかが箱を開けたとしか考えられない。

何のために?? そんなのわかったもんじゃない。

 

嫌いな電話をする。

アメリカなまりの女性が気持ちよく対応してくれた。

普通はシールは破れていないはずとのこと、すぐさま返品を手配してくれた。

返品の際のラベルをコレクションの前日にメールで送ると説明されたたようだけど、私はそこを聞き流していた。

待てども、メールで問い合わせをしてもなんの返事も来ない。 イライラが募ってもう一度電話すると、今度は若い女性。

いかにもやる気がなさそうなその対応。思わず受話器を置いてしまった。

気をとりもどして翌日電話。きっと別の人が対応してくれると期待した、、、、

案の定別の女性がラベルの送られる手順について丁寧に説明してくれ、晴れた気分で

Vitamiixを迎えた。

いらっしゃい!!